断捨離することは気持ちの整理にもなる

断捨離することは気持ちの整理にもなる

断捨離することは気持ちの整理にもなる 少し前から断捨離という言葉がよく聞かれます。いつまでも着たり使ったりしていないものを、自分なりに見極めて捨てるなりリサイクルに出したりするなりの行動を示す言葉ですが、ただ捨てたりするだけではなく、自分自身の気持ちを整理しスッキリする行為であると思います。ついつい衝動買いしてしまったものの、すぐ着なくなったり一度も使わないこともあります。また思い出が詰まったものであっても、それが別れた恋人とのものだとして、ずっと大切にしまっているということもあるでしょう。ただそれらのものをいつまでも持っていても、自分にプラスになるものはありません。

きちんと見切りをつけて、使わないならリサイクルや古着屋さんなどで買取してもらうことで、少なからずお金に変わるし、思い出の品を手放すことで気持ちを切り替えスッキリし、また一歩踏み出せることもあるでしょう。断捨離というのは必要ないものとさよならして、衝動買いして結局使わなかったなどと反省したり、自分自身の過去にすがりついていた部分を見つめ直して、部屋だけではなく気持ちをもリフレッシュできるきっかけになると思いますから、いろんな人にやってほしいと思います。意外に掘り出し物が見つかったりもして楽しい作業になると思います。